【あの20万円とこの20万円あなたにとって同じ価値?】

投稿日: カテゴリー: 考え方

人は、手に入れたモノを
大切するかどうかは
モノ『そのものの価値』より
そのモノを『得るまでの苦労』を
基準にします。

ギャンブルで得た20万円は
紙くずのように消えていくが

時給700円のアルバイトで
苦労して貯めた20万円は
どう使おうか、悩みに悩み抜いて使う。

毎月1万円頑張って10年貯金して買った
100万円のブランド物のバッグと

ボーナスのような臨時収入で買った
100万円のバッグでは
やはりバッグに対する思いやり方が
全然変わってきますよね。

これは、情報に対しても同様のことが言えます。

まったく同じ商品を
100万円で買った場合と
100円で買った場合とでは

「客観的に見て」まったく同じモノであっても
その人にとっては

まったく「違う価値」になる。
それこそ、雲泥の差で変わっている場合が
ほとんどです。

これが「単なる情報」で終われば
活用するもしないもその人次第ということで
解決します。
しかし、「投資」においては
恐ろしく厄介な効果を発揮してしまいます。

それは
「愛着が湧きすぎて損切りできない」問題
です。

「得るまでの苦労」
=その投資商品を買うに至るまでの情報収集

これを頑張れば頑張るほどに
「いや!これは絶対に上がるはず!!」

なぜなら
『あんなに調べたんだから!』

という気持ちになるからです。

さらに厄介なことに
『少し上がる』場合や
『長く持ってプラスになった』経験
などが、あるとさらに
損切りできなくなります。

もちろん、そのまま持つのも自由ですし
1年後3年後にプラスになれば良い!

という感覚で持っていれば
問題ありません。

ただし
「投資のみで生活をしていきたい!!」
というのを目指している方にとっては

「損切り」ができない
はかなりの致命傷になります!

『損切り』

できないのがダメ!

ではなく

『どんな投資家を目指すのか?』

5年10年の資産構築を目指すのか?
毎月の収入を目指すのか?

その道によって
「損切り」の重要性が
大きく変わってきますし
「調べるべきポイントも変わってきます」

そもそも、「投資」がいやだ!

という人もいますしねw

みなさんの人生を豊かに^^

宮川和男


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です