【がむしゃら、が好きな日本人②】

投稿日: カテゴリー: 未分類

《「量」のゆとりがあるときに、「質」の追求をする。
そのための「1つの意識」を大切に。》
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
みなさんのクリックに助けられています!
本日も清きクリックをお願い致します^^
→ http://miyagawa-kazuo.com/blogrank
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日の続きになります。
まずは、昨日の内容を
まとめますと
「成果」を上げるためには
「行動量を増やす」
「行動の質を上げる」
2つの方法があります。

そして、それぞれの方法によって
得られる情報が変わります。
それは「情報の量」か「情報の質」か
という差です。

では「成果を上げている人はどうしているのか?」
それは、「まず、行動の質を上げ、そして、行動量を増やす」
または「行動の質を上げつつも、量も多い」
といった、『両方』を行っている。

でも、どっちも出来ない。
さらに、現在の日本社会は
「行動量が多い」事に『誇り』を持ってる風習がある中で
なかなか「質」を意識するのは難しい。

じゃあ、どうするのか?

という事で、本日の本題です!

結論から言いますと
『質は少し意識しつつ量をメインに!』
です。

どういう事なのかと言うと
毎日1つ2つ「質」の部分で意識する事を決めます。

例えば、
営業で、
(今日は、契約出来そうなところになったら
「ぜひこの内容で契約しましょう」と
お客様に判断を委ねるのではなく
お客様の後押しをするように意識しよう)
と、決めちゃいます。

あとは、「量」をメインにひたすら取り組む。

そして、営業が終わった後に集計したときに
「お客様に判断を委ねた場合」と
「お客様の後押しした場合」では
契約件数が変わってきます。

そうする事で、少しずつですが
「精度」「確度」を上げていく方法です。

「量」に重きをおいている日本社会で
「質」のみに意識をおく事は
なかなか難しいところがあります。

とは言いつつも、「量」が少ないと
参考となる「成果」も少ないので
意味がない、
だから、まずば『がむしゃら』に
ひたすら「量」をこなすというのが
日本社会の考え方です。

何より、頑張っている姿は
見ていて応援したくなりますしね。

ただし、ただ「がむしゃら」に頑張っても
正直成果には繋がりにくい。

少なからずの成果にはなるかもしれませんが
必ず「限界」が来ます。

だからこその「質の追求」です。

「量」に限界が来てから考えるのではなく
「量」に余裕、ゆとりがあるときに
「質」を追求する事で
その後の「成果」も変わってきます。

まずは、「1つだけの意識」で
取り組んでみては、
いかがでしょうか?

みなさんの人生を豊かに^^

宮川和男

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
最後まで記事を読んでいただき
ありがとうございま^^
最後に、ブログランキングに
クリックしてくれたら、嬉しいです!!
→ http://miyagawa-kazuo.com/blogrank
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です