【尊敬するのに年齢は関係ない プライドは足枷にしかならない。 本当に素敵な人は それだけ自分より濃い人生を歩んできている証拠 そして、その人生の濃さに敬意を払う事こそが 尊敬であると私は思う】   

投稿日: カテゴリー:

タイトルが長くなってすいません。宮川です。

本日は、先日お話しました
友人が参加している
モデルのグランプリファイナルに行ってきました。

14238126_335495136793699_6533859196669731609_n

14199551_335495036793709_534466548620437640_n

残念ながらグランプリをとる事は
出来ませんでしたが
ランウェイを歩く姿は
本当にかっこ良く輝いていました。

これからも自分自身の『夢』に
向かって突き進んでほしいですね。

14192088_335495040127042_3061208276749217398_n

今回のイベントはビジネスの面でも
やはり一個人が影響力を持つ時代に
来ていると感じました。

そして、SNSが
そのツールとして
威力を発揮するとも。

今回のイベントの一般参加者は
10−20代であること。
主に住んでいるのは関西である事。

つまり、これらをターゲットとしたモノを
SNSに投稿してもらう事で
「世代」「地域」共に効率よく
広告出来る事になります。

CMや看板で活用される
大きな枠での「不特定多数」
よりも
ずっと
絞られた状態での「不特定多数」に
宣伝出来る訳です。

何よりも広告費を大きく抑えた状態で。

これまでも企業の長年のテーマである
「コスト削減」
その1つである
広告費の削減。

そして、現在のネット社会において
たどり着いた1つの答えである。
個人が持っているSNSによる影響力の活用
そして、その影響力を利用しての拡散。
14088394_335495070127039_3460043143853846537_n14141625_335495076793705_6405806337783269688_n

つまり、個人がそれだけの力を持っていると
企業も認めたからこその『活用』であり
もっと言うと、費用対効果からも
マーケティングとして認められた証拠でもあります。

まさに、これからは『個人』が稼ぐ事が出来る時代である
証拠ですね。

宮川 和男


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です